課題を解決する
2.5Dプリントテクノロジー

さまざまなデザイン、素材感、加工を、繊細な凹凸で表現できる新素材「デジタルシート」。

カシオ2.5Dプリントシステムのコアテクノロジーを備え、これまでにない独創の表現力を叶えた「デジタルシート」。木、布、石、金属などさまざまなマテリアル・モチーフが持つ繊細な凹凸や色合いを、約3分から6分というスピーディなプリントアウトで、一枚のシート上に美しく表現。シートの基材は、紙ベースに加えてPETベース仕様もラインアップ。製品・試作品製作の自由度を高め、コストと時間の大幅な削減を可能にします。
※A4サイズの場合。出力時間は目安です。出力する素材やモチーフ、その他の要因により異なる場合があります。

デジタルシート ラインアップ

PAPER基材
上質紙を基材としたスタンダードなデジタルシートです。メリハリのある凹凸と微細な質感を再現します。
PET基材
PETフィルムを基材とした、しなやかなデジタルシートです。薄くて破れにくい素材です。
  • 革・布と糸のステッチを、エンボス、金型レスで同時に出力。なだらかな曲線まで自然に表現。

  • 一般的なインクジェットプリンタと同等の美しい色合い。

  • 繊細な凹凸で、さまざまな素材の表面を作り出す。

バンプの形成・制御技術

熱により膨張するマイクロパウダーを、デジタルシート内に積層されている各バンプ層へ塗布。昇温性能・応答性能が優れている管型近赤外線を均一に配光・配熱し、さらにカーボン分子により、その熱量をモチーフに沿ってコントロールすることで隆起の高さを制御。シート上へ目的に沿った凹凸=バンプを形成することに成功しました。

デジタルシートの構造

プロセスと仕組み

[表面バンプデータ]
基本的なプロセスとテクノロジー

◎A4サイズの場合、およそ3分のスピードでプリントアウトが行えます。

  • 1
    表面へバンプデータ(カーボン)を印刷
    共有結合の分子構造により、近赤外線を吸収するカーボン分子の特性を利用。
  • 2
    近赤外線を放射しバンプを形成
    均一な配光の近赤外線を放射。カーボン分子の発熱によりマイクロカプセルが膨張し、バンプを形成する。カーボンの量によりバンプの制御を行っている。
  • 3
    表面のマイクロフィルムを剥がす
    次工程で行うカラープリントに影響が出ないよう、カーボン印刷をマイクロフィルムごと取り除く。
  • 4
    表面へカラーデータを印刷
    カーボン印刷の影響を受けず、バンプしたシートの表面に美しいカラー表現が可能。
  • 5
    完成
    モチーフの持つ色・凹凸を細やかに表現したデジタルシートが完成。紙またはPETを基材としているため、必要な大きさ・形状にカットもでき、そのまま試作品や製品の素材として使用できます。

[両面バンプデータ]
より高度な表現を求める場合

通常のバンプからさらに凹凸やエッジが強調された出力をする場合、表裏共にバンプデータをプリントし、2度近赤外線放射を行う方法も準備しました。
◎A4サイズの場合、およそ6分のスピードでプリントアウトが行えます。

  • 1表面へバンプデータ
    (カーボン)を印刷

    表面に薄いマイクロフィルムを貼ったデジタルシートにバンプデータをプリント。

  • 2表面へ近赤外線を放射
  • 3バンプを形成
  • 4マイクロフィルムを剥がす
  • 5表面へ
    カラーデータを印刷

    バンプデータの影響を受けることなく、美しい仕上がりが期待できます。

  • 6裏面へバンプデータ
    (カーボン)を印刷
  • 7裏面へ近赤外線を放射
  • 8バンプの形成〜出力終了

[裏面バンプデータ]
シャープなエッジを必要としない場合

最初に裏面にバンプデータを印刷し、続いて表面にカラーデータを印刷。最後に裏面へ近赤外線を放射し、バンプを形成する方法もあります。
◎A4サイズの場合、およそ4分※のスピードでプリントアウトが行えます。

※出力時間は目安です。出力する素材やモチーフ、その他の要因により異なる場合があります。

2.5Dプリントシステムの構成と運用

デザインPCでオペレーション

デザイン業務で使用されているPCへ専用アプリケーションをインストール。
一般的なデザイン用ソフトと同じような感覚で使いこなせるので、スムーズな導入が可能です。

  • [Mofrel SURFACER]

    Mofrel SURFACER

    バンプデータと呼ばれる、デザインに沿ってシートを隆起させるための指示データを作成。最初にデザインモチーフに合わせて自動的にデータ生成され、必要に応じてデザイナーの手で修正ができます。

  • [Mofrel VIEWER]

    Mofrel VIEWER

    出力前に、画面上にバンプ(隆起)したイメージを表示・確認ができます。

  • [Mofrel OPTIMIZER]

    Mofrel OPTIMIZER

    SURFACERを使って作成したバンプデータを2.5Dプリンタへ送る際、正常なバンプが生成できるよう自動で判別・調整などを行います。

2.5Dプリンタで出力

PCで生成されたバンプデータをもとに、特殊ジェットプリンタ「Mofrel」でデジタルシートを出力します。

[Mofrel PRINT MANAGER]

ファイルの変換、ガイダンス表示、プリンタ&フォーマーの制御などを行います。

Mofrel PRINT MANAGER
<デジタルシート>
[PAPER基材] A4/A3サイズ、各マイクロフィルム有り/無し
[PET基材] A4/A3 サイズ、各マイクロフィルム有り/無し
デジタルシート→出力

出力